個サポートプロジェクトとは!!

個人をサポートするプロジェクト

  • 現代社会では、自給自足の時代と異なり個人は完全に孤立して生活できない。
  • 個人の生活は、衣食住などの必需品は勿論、何らかのつながりの中で生きている。
  • つながりは目に見える形以外の目に見えないつながりがほとんどである。
  • 個人が生存できているのはあらゆるつながりや循環に依存・お蔭である。
  • つながりを意識することと個人の抱える問題・課題・悩みに対処することは重要である。
  • これらのことを認識してビジネスモデルとしてつながりを明示的に構築するプロジェクト
  • 個サポートプロジェクトは、個人毎の異なる目標・成果が求められる。

個サポートプロジェクトの類型

B to B (Business to Business)、B to C (Business to Consumer)からB to P (Business to Person) さらには、B to I (Business to Induvidual)へと新たな展開としてつなげるプロジェクトです。

  • B to P (Business to Person)  :個人の個性や個人毎の問題・課題の解決を対象とするビジネスモデルの実施プロジェクト
  • B to I (Business to Induvidual):孤立して問題を抱える、生活基盤がなく孤立している個人の生活基盤、 経済基盤の確立を支援するビジネスモデルを実施するプロジェクト


    • 個人の価値と「マズローの欲求5段階説」

      人間の欲求は限りが無いようですが、どこかで「足(た)る」を知ることも必要と感じますが、それ以前に 個人の欲求とはどのようなことに基づいているかを知ることが大切と考えます。 必ずしも「マズローの欲求5段階説」のように順次に段階を追って発生・充足するものではない場合もありますが、 考え方として「価値共創型プロジェクト」にとって非常に大切な考えです。



      個サポートプロジェクトへの取組み

      • つながりは「IoT」「人工知能:AI」などの仕掛けをつかったシステムを利活用することも視野にいれたプロジェクトです。
      • CWWでは、知識駆動型プロジェクト実践にあたり、人の持つ「優しさ」「感性」「情熱」などの要素が喚起し、活性化することが重要な働きを持ちます。
      • 人間が実践するプロジェクトの徳性と考えます。知識駆動型プロジェクトでは、マイナスの面の挫折、諦め、悪意、中傷、 いじめ、疎外などの生起を抑えることがキーワードとなります。
      • そこの実証の場が個サポートプロジェクト、自己変革プロジェクトです。