プロジェクト環境とは!!

プロジェクトは、人間が実施します。 このためヒューマンファクタを考慮したプロジェクト環境に関わる知識が必要となります。 機能別、職能別の組織の活動環境と通じる知識もありますがプロジェクト特有の環境としての知識が必要になります。

  • 人間の知的活動としてのプロジェクト環境:プロジェクトでは多くの個性ある専門家の協働活動です。 機能別、職能別の通常の職場としてのフォフィス環境では不十分です。 ハード的な「場」としてのプロジェクト環境の構築に取り組む必要があります。
  • 価値創造の場作り:プロジェクトでは、期間限定で目的達成には、多様性を受け入れていくことが必要となります。 多様なメンバーを結集した「場」としてのプロジェクトチームをプロジェクト価値創造チームへと変化させることが必要になります。 そのようなことを可能にするのがソフト的なプロジェクト環境の構築です。
  • 「場」となる環境では、レビュー・課題・問題点対応・進捗管理・設計検討・非公式等の多様な会議、打合せ、 ディスカッションなどが行われます。これらに応じて常に最適な「場」となるように環境を準備します。
  • 「場」では、組織内部/外部、プロジェクトメンバー/メンバー外とのコミュニケーションが行われます。
  • データ、情報、知識の共有/限定共有などが短期に構築できる「場」となる必要があります。 また、それらの鮮度、信頼度の確保も「場」では重要な要素となります。
  • プロジェクトのような多様なメンバーが協働活動する「場」では、セキュリティ要件も「場」の環境整備に重要となります。
  • 物理的に同一場所での協働活動は勿論、離れた場所や海外のように時差のある場所との協働活動の「場」としての認識 も必要になります。
  • 会議での必要情報の速やかな提供と会議を実施しながら議事録などの作成、共有が円滑に出来る「場」となることも 必要な要素となります。
  • このため、セキュリティや使い勝手の良いクラウドの利用やプロジェクト管理システムの整備も必要となります。
  • ツール間の連動・連携がツールや支援システムの有効活用のコツとなります。 それぞれの特性や制約を理解して、連動・連携を図ることが重要です。

プロジェクト環境への取組み

  • 知的活動を阻害する環境要因を除去するにはどのようにするか
  • 知的活動を促進する環境要因を整備するにはどうのようにするか
  • 新規に参加したメンバーがその持てる能力を短期間に発揮できる様にするのはどうすればよいか
  • チームとして総合的に知的パワーをマックするするのはどうすればよいか
  • プロジェクトメンバーが相互に知的交流を図るのを容易にするにはどうすればよいか
  • プロジェクトのメンバーへの動機づけを促進するものは何か