情報システム構築プロジェクトとは

IoT時代を迎えて、組織・企業の情報システムは、多様性、複雑度を増しています。 組織・企業の従来の情報システムは、基幹系と情報系のシステムに大きく分かれていました。 基幹系は、会計システム、人事・総務システム、販売管理システム、生産管理システム、物流支援システムなどで 情報系は、情報共有のWeb系システム、グループウェアシステム、メールシステムなどでした。 しかし、顧客と関係性をますCRM,調達から生産、物流をつなぐSCMなど基幹系、情報系などの区分では対応できない 状況となっています。

  • 経営戦略にとって情報システムは不可欠である。
  • 情報システムは、目に見えない。
  • 情報システム構築では、ノウハウ・知識→情報システム→物・サービス・ことに結びつく→成果・経営寄与とつながる
  • IoT時代を迎え情報システムは、設備や機器などとも直接つながるシステムを形成する。
  • そして、ビッグデータの処理などIoT時代で変化が加速化しています。 自動車の車載システムは、自動車を対象とするシステムからインターネット経由で各種サーバー上の情報システムと 連携してサービスを実現します。さらに、交通情報システム、交通制御システム、ホームオートメーションなどと連携 したシステム、自動運転システムと連化したサービスなど自動車を利用する顧客への価値提供へと発展しています。 そのような状況下で、従来の情報システム構築に加えて、更に広いシステム化のスコープに対応が必要となっています。

    情報システム構築プロジェクトへの取組みの観点

    ここでは、情報システム構築プロジェクトについて、下記の観点で知識共有を図ります。 本分野に取り組んできた知識・経験と現在の状況を加えて、学習・研究室で情報共有を図りたいと考えています。

    • スクラッチ開発プロジェクト
    • ERP適用プロジェクト
      • 企業はERPを導入することで、組織全体に散らばっているデータを統合することができる。
      • ERPは組織内の情報伝達を合理化し、業務に関する豊富なリアルタイム情報を入手できる。
      • 既製システムであるERPと自社ニーズ・業務プロセスの整合性をどう図るかが課題となる。
        システムのためにビジネスプロセス変更したり、組み立て直す必要に迫られる場合もある。
    • 基幹系業務構築プロジェクト
    • 情報系システム構築プロジェクト
    • 既存システムの再構築プロジェクト
    • CRMプロジェクト
    • SCMプロジェクト
    • 物流システム構築プロジェクト

    情報システム構築の狙い

    • 変化する顧客ニーズを捉えて、それに迅速に対応することに焦点を絞った経営戦略を支援
    • 情報システムを活用して、ダイナミックに変化する環境に適応する能力の確保
    • 市場動向を把握し、認識・共有し、分析を支援し、更には最適な施策立案・実践行動をも支援
      OODAループを支援
      • 観察(Observation):環境からのシグナルの感知
      • 方向づけ(Orientation):感知したシグナルの意味の解釈
      • 意思決定(Decision):取り得る行動レパートリーの選択
      • 行動(Aciton):選択した対応の実行

    情報システム構築への取組みに当たっての企業の課題:深刻な人材不足

    IoT,AI,ロボットなどの活用により、情報システムと組み込みシステムのIT人材の壁も失われ、 システム化の対象範囲が広範囲につながり、技術的にその壁を超えた対応ができる人材育成が必要となってきました。

    IoTやAIの活用が進み、IT企業の他業界への進出や既存業界でのIT活用が広範囲に及び始めています。 このため幅広い企業がIT知識のある人材獲得に注力し、人材確保が成長戦略のクリティカルな制約要因の一つになっています。 本課題への取り組みが今後、重要となります。

    • インターネット通販などの業務システムの開発・保守
    • 家電・自動車・機械・設備などに組み込むソフトウェアの開発・保守
    • 金融サービスを対象としたフィンテックへの取組み
    • サーバー攻撃からコンピューターを守るセキュリティ対策
    • ビッグデータの分析ができる専門家
    • 人工知能(AI)、ロボットに関連するシステムの設計・開発・保守
    • 拡張現実:AR(Augmented Reality); 現実世界に視覚情報を重複表示させる,仮想現実:VR(Virtual Reality);クローズドな世界(スクリーン)にリアリティを高めた視覚映像を投影するに関連するシステムの設計・開発・保守
    • サービス業での無人のレジ、車の自動運転、エネルギーマネジメントシステム、設備・機械のマネジメントなど IT活用のシステム化領域は拡大中です。
    • 少子高齢化を迎えて、医療、介護、健康管理等の分野でも従来の組織・企業の枠を超えた取り組みが必要となっています。
    • 給与・処遇などを見直して人材の引き留め、育成が課題

    この課題解決には、人材育成・処遇制度の改革、必要な専門家のネットワークの構築、作業の自動化・品質向上、 各種補助金・助成制度などの政策の活用に加えてプロジェクトでの取組み、問題点の本質をとらえた「知識駆動型プロジェクト」 が非常に役立ちます。 従来の発想を見直して、変化の潮流を先取りしたプロジェクトの取組みが必要と考えます。


    情報システム構築とシステム管理基準/システム監査

    上記は、学習・研究する過程で見直し、変更を図る予定です。